• Erika Masui

【Outdoor Theatre】 自然の中での英語劇

日本語は英語の下にあります。

During September and October, when we still could not use our usual classroom for our lessons, we met outside and worked on a performing arts project. We created our own story together while we gathered ideas outside. The first day we met, we listed scenes, characters, problems and events that take place in a story. I had a set of cards of different characters, personalities, objects, settings and conflicts. We took turns taking a card and adding them to the story. The children really got into this activity, and they soon came up with what our story would be about.

We also made props outside using paper, sticks and leaves. The children were amazing. It took 2 lessons to complete the story and they also helped me compose 2 songs for the story. It was a great experience!


Synopsis of the story

The title of the story was "Magical Forest Land" - the setting is in a forest where fairies, witches, princesses, girls and boys live happily together. One day, they receive a mysterious letter that invites all of them to a party at Magical River Land. They had never been invited to a party ever since they fought and had been divided and separated from each other. They were surprised but decided to go. On the way, they meet the zombies who did not want to let anyone go through their land. They had to find out the former name of the land before the separation from the wise old wizard, and when they did, they were allowed to go through. Even though they had given them the name, the zombies did not trust them at all. They fooled everyone by leading them to a dead end. It turned out that they did not trust them because they were always ignored by everyone. All they wanted was to be friends,and build trust and bring back unity between everyone. When they were all honest with each other, they finally got to show their secret bridge that they were building which connected both lands. They wanted the former name so they could carve it into the bridge. The zombies became friends with everyone, and they all had a great time at the party.


9月〜10月の間はまだお教室でのレッスンができなかったため、自然の中で劇を作るアートプロジェクトをやりました!4月〜7月はオンラインレッスンでしたので、子どもたちは久しぶりに再開し、一緒にストーリー作りができることに対してとてもワクワクしていました!

お話作りにおいて重要なこと、人物、性格、場所、問題やイベントごとなどについて考えてもらうため、カードを引きながらワンシーンずつ追加していくアクティビティを行いました。

ストーリー作りが楽しくなってきた頃、自分たちのストーリーはどんなものにしたいか?子どもたちのアイディアを一つの形にできるように、私はファシリテートしました。

アイディアが豊富にあり、長いお話にはなりました。それでも、子どもたちに自分達のアイディアを劇という形にして表現する経験ができて本当に良かったと思っています。

劇で使う小道具なども外で作り、またストーリーに合う曲も一緒に作曲しました!楽しかったです。


ストーリーのあらすじ

魔法の森の中には魔女、妖精、女の子、男の子、プリンセスがとても幸せに暮らしていました。ある日、謎の手紙が届き読み上げてみたところ、魔法の川に住む人たちからパーティーへの招待をされました。昔、魔法の森と川は一つとなっていましたが、問題ごとがあり、喧嘩をしてからは別々の地となっていたのです。そのため皆はとてもびっくりするのです。行ってみよう!という結論になり、森の中を歩いていた頃、ゾンビに出会います。彼らは自分たちの必要なものを持って来なければ通さないといいます。必要なものは魔法の森と川の地が分割する前の地名でした。それを聞き出すために魔法使いの元へ行くのですが、地名を伝えた後もゾンビたちはまだ信用してくれていませんでした。行き止まりの場所に案内され、困りました。なぜ信用してくれないのでしょうか?それは、今までずっとゾンビたちは無視されていたからでした。ゾンビたちが本当に望んでいたことはみんなから信用され、友達になり、二つの分割された地を一つに戻すことでした。昔の地名が欲しかったのも、二つの地を繋ぐ橋を作っていたので、そこに地名を掘りたかったからでした。お互いに許し合った後、魔法の川へみんな向かい、楽しい時間を過ごし平和になったのでした。







閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示