• Erika Masui

“Wonderful Town” (PBL 探究型クラス)

We had been learning about communities in our PBL class. The children got really into this theme. The first class began by brainstorming what our communities look like. Everyone drew these amazing maps!


探究型クラスでは地域コミュニティについて学びました。子どもたちはとても興味を持ってプロジェクトに参加しました。最初のクラスでは自分たちの住む地域がどんな場所なのかを考え、それぞれ自分の地域のことを思い出しながら素晴らしい地図を描きました。



We also talked about what we can find in our neighborhoods, what is necessary and what is not, who (what) is important in our community, do we like living in our communities, what we would like to change in our communities and what do kids like to do in our neighborhoods.


プロジェクトを進めていく上で地域コミュニティに存在するもの、必要不可欠なもの、不要なもの、大事なものを考えてみました。そして現在の地域コミュニティが好きかどうか、何を変えたいか、そして最後に自分の地域に住む子ども達はどんな遊びをするかについてディスカッションしました。



Through all the discussions in our lessons, the children worked together to decide what kind of community they would like to create together for their project. We talked about the theme of our community and what to include in it.

The main theme was... 1) A community that has good services for the poorer people. 2) An eco-friendly community.


ディスカッションを通して、子どもたちはどんなコミュニティを作りたいか決めました。コミュニティのテーマ、どんな建物、商店、施設を入れたいか全員で話し合い決めました。子どもたちが決めたテーマは 1)貧しい人への配慮あるサービスを行うコミュニティ 2)エコなコミュニティ でした。


Children designed the community so that people could get around to places mainly by train and by foot. Also some buildings had solar panels. They included a big 100 yen store so that people could buy more affordable things and a hotel that had special prices for poorer people.


子どもたちは電車と徒歩でコミュニティ内をアクセスできるような街をデザインし、ソーラーパネルのある建物を造りました。低価格で買い物がもっとできるように大きな100均ストアを作り、また貧しい人が特別価格で泊まれるホテルも造りました。


These are the pictures of their 3D town called “Wonderful Town”

以下、子どもたちがデザインした3Dタウンです。名前は「ワンダフル•タウン








閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示